ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

ピンクゼリーは女の子を妊娠したい方におすすめの
産み分けゼリーとなっています。

 

 

 

そんなピンクゼリーですが同じ産み分けゼリーとして
人気のハローベビーガールという商品も販売されています。

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

このピンクゼリーとハローベビーガール
どちらがおすすめの産み分けゼリーでしょうか。

 

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみました。

 

 

 

\ピンクゼリーのお得な最安値は公式サイトです!/

ピンクゼリーの成功率は?危険じゃないの?ピンクゼリーの口コミをご紹介します!

トップへもどる

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

ピンクゼリーは産み分けゼリーとして産婦人科医監修の元、
安全性がとても評価されている商品となっています。

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

また同じ産み分けゼリーとしてハローベビーガールという
5年以上も販売されている人気商品があります。

 

 

 

この2つの商品はどちらがおすすめなのでしょうか。

 

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較してみました。

 

 

 

まずはお値段から比較してみます。

 

 

 

■ お値段比較
  • ピンクゼリー 1本1480円(総額1万4800円)
  • ハローベビーガール 1本1828円(総額1万2800円)

 

 

 

 

お値段比較ではピンクゼリーは10本入り、
ハローベビーガールは7本入りとなっているので
1本当たりのお値段を比較してみました。

 

 

 

7本入りと10本入りの違いはありますがピンクゼリーの方が
1本当たりのお値段がお得である事がわかります。

 

 

ただ、1箱あたりでは2000円程度お安いので
始めやすさではハローベビーガールも捨てがたいですね。

 

 

 

 

次に女の子の産み分け成功確率も見てみます。

 

 

 

■ 産み分け成功確率
  • ピンクゼリー 80%
  • ハローベビーガール 78%!?

 

 

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールの産み分け成功確率は
ともにあまり変わらないという結果になりました。

 

 

 

ピンクゼリーの成功確率については公式サイトに記載されて
いなかったので直接公式サイトに問い合わせて統計データを聞いてみました。

 

 

 

ただハローベビーガールに関して公式サイトで
78%!?という表記を参考にさせて頂きましたが
「!?」を付ける必要があるのかな、と思ってしまいました。

 

 

 

続いて使いやすさも見てみます。

 

 

 

■ 使いやすさ
  • ピンクゼリー スティックタイプで開封してすぐに使用できる
  • ハローベビーガール スティックタイプで開封後すぐに使用できる

 

 

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールの使いやすさ
どちらも文句なく衛生面でも問題ありません。

 

 

 

ただ、ピンクゼリーは管理医療機器の認証を受けていますが
ハローベビーガールは認証を受けておらず雑貨扱いの商品となります。

 

 

 

最後に産み分け成分とPH値を見てみます。

 

 

 

■ 産み分け成分とPH値
  • ピンクゼリー PH値4.5〜5.0 クエン酸ナトリウム
  • ハローベビーガール PH値6.8(公式サイト記載なし) クエン酸ナトリウム

 

 

 

 

女の子の産み分けで一番重要となるのは酸性寄りに保つ事です。

 

 

酸性はPH値7.0以下となっているのでピンクゼリーは
しっかり酸性寄りに保ってくれる事がわかります。

 

 

 

しかしハローベビーガールはそういった記載がなく
実際にPH値を調べた方の数値を参考にさせて頂くと
ハローベビーガールのPH値は6.8となっていました。

 

 

 

 

 

 

このPH値6.8というのはほぼ中性となっており
本当に産み分けが可能なのか少し疑問が残ってしまいました。

 

 

 

トップへもどる

ピンクゼリーとハローベビーガールの比較まとめ!

 

 

     

  • ピンクゼリーとハローベビーガールはスティックタイプで使いやすい
  •  

  • お値段1本あたりはピンクゼリーの方がお得
  •  

  • 1箱あたりではハローベビーガールが始めやすい
  •  

  • ピンクゼリーは管理医療機器となる
  • ハローベビーガールは雑貨に分類
  •  

  • ピンクゼリーのPH値は4.5〜5.0
  • ハローベビーガールのPH値は6.8
  •  

 

 

 

ここまで簡単に2つの産み分けゼリーを比較してみました。

 

 

 

ピンクゼリーとハローベビーガールを比較した結果
おすすめなのは、

 

 

 

やはりピンクゼリーとなっています。

 

 

 

決めてはやはりPH値です。

 

 

 

女の子の産み分けを行いたい場合は
膣内を酸性寄りにする事は必須となっています。

 

 

 

ピンクゼリーはしっかりとPH値が4.5〜5.0となっており
成功確率80%程度は可能であることがわかります。

 

 

 

ピンクゼリーは信頼度も高いですし購入を検討されている方は
お得な公式サイトを利用してみてくださいね。

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーのメリット・デメリットは何がある?