ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

ピンクゼリーは女の子を妊娠したい方
とても人気の産み分けゼリーとなっています。

 

 

 

そんな産み分けゼリーとしてピンクゼリーと同じく
人気のベイビーサポートという商品も販売されています。

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

このピンクゼリーとベイビーサポートはどちらがおすすめなのでしょうか。

 

 

2つの人気の産み分けゼリーを比較してみました。

 

 

 

\ピンクゼリーのお得な最安値は公式サイトです!/

ピンクゼリーの成功率は?危険じゃないの?ピンクゼリーの口コミをご紹介します!

トップへもどる

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!

 

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

ピンクゼリーは女の子を妊娠できる確率を向上させてくれる
安全性の高い産み分けゼリーです。

 

 

 

そんな産み分けゼリーとしてベイビーサポートという人気商品もあります。

 

 

 

産み分けゼリーを検討されている方はピンクゼリーか
ベイビーサポートか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

 

 

 

そんな2つの産み分けゼリーを比較していきましょう。

 

 

まずはお値段から比較してみます。

 

 

 

■ お値段比較
  • ピンクゼリー 1本1480円(1箱1万4800円)
  • ベイビーサポート 1本1970円(1箱1万3800円)

 

 

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートのお値段は
ピンクゼリーが10本入りとなりベイビーサポートは7本入りとなるので
1本当たりのお値段で比較させて頂きました。

 

 

 

お値段的にはピンクゼリーが500円ほどお得になるので
1本当たりのお値段はピンクゼリーとなっています。

 

 

 

しかし1箱あたりでは1000円ほどベイビーサポートが
始めやすさではベイビーサポートの方が良いかもしれません。

 

 

 

次に使いやすさも比較してみます。

 

 

 

■ 使いやすさ比較
  • ピンクゼリー スティックタイプで開封後すぐに使用できる
  • ベイビーサポート スティックタイプで開封後すぐに使用できる

 

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートの使いやすさは
どちらもスティックタイプで開封後すぐに使用できとても使いやすい事がわかりました。

 

 

その他の商品では湯煎が必要なものもあるので
そういった点からは使いやすいというのは大きなメリットになっています。

 

 

 

 

続いて気になる成功確率も見てみましょう。

 

 

 

■ 産み分け成功確率
  • ピンクゼリー 80%
  • ベイビーサポート 不明

 

 

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートの産み分け成功率
公式サイトでは記載されていないかったのでお電話で問い合わせてみました。

 

 

 

ピンクゼリーは販売会社の統計となりますが80%だと
しっかりとご回答を頂けました。

 

 

しかしベイビーサポートは電話番号記載されていなかったので
正確な成功確率を調べる事ができませんでした。

 

 

 

 

続いて成分と重要なPH値も調べてみます。

 

 

 

■ 成分とPH値
  • ピンクゼリー PH値4.5〜5.0 クエン酸
  • ベイビーサポート PH値4.5〜5.0 クエン酸

 

 

 

女の子の産み分けでは酸性よりにする事がとても重要となっており
ピンクゼリーとベイビーサポートは両方PH値が酸性と記載されていました。

 

 

 

しかし実測値ではピンクゼリーはしっかりと酸性を示していましたが
ベイビーサポートはPH値7と中性寄りである事がわかりました。

 

 

ベイビーサポートの中性問題についてはアマゾンでも
コメントで指摘があったのですが現在はカタログが削除され
そのコメント自体が閲覧できなくなっています。

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

 

 

 

 

 

ベイビーサポートを検討されている方はこの点には少し
注意が必要かもしれないですね。

 

 

 

トップへもどる

ピンクゼリーとベイビーサポート比較まとめ!

 

     

  • ピンクゼリーは1本1480円
  • ベイビーサポートは1本1970円
  •  

  • 共にスティックタイプで開封後すぐに使用できる
  •  

  • 成功確率はピンクゼリーは80%
  • ベイビーサポートは不明になっている
  •  

  • ピンクゼリーのPH値は4.5〜5.0
  • ベイビーサポートのPH値については注意が必要
  •  

 

 

 

ここまで簡単にピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみました。

 

 

 

この2つの産み分けゼリーを比較してみた結果おすすめなのは

 

 

 

やはりピンクゼリーとなっています。

 

 

 

決めてはPH値です。

 

 

 

公式サイトでは4.5〜5.0と表記されていましたが
実測値では中性だと指摘されている方もいたので
安心できるピンクゼリーが良いと思います。

 

 

 

ピンクゼリーは産婦人科医監修の元
管理医療機器の認証商品となっています。

 

 

ピンクゼリーとベイビーサポートを比較してみた!どちらがおすすめ?

 

 

 

そのため成分はもちろん安心して使用して頂く事が出来るのです。

 

 

 

産み分けゼリーで悩んでいる方はピンクゼリーも
候補に入れてあげてくださいね。

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーのメリット・デメリットは何がある?