ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

 

 

 

ジュンビーが販売するピンクゼリーは産婦人科医監修の元、
とても安全性が高い産み分けゼリーとなっています。

 

 

 

そんなピンクゼリーと並んで人気の商品として
産婦人科で処方される事が非常に多いpinkjellyがあります。

 

 

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

 

 

ピンクゼリーとpinkjellyはどちらがおすすめの産み分けゼリーなのでしょうか。

 

 

 

2つの人気の産み分けゼリーを比較してみました。

 

 

 

\ピンクゼリーのお得な最安値は公式サイトです!/

ピンクゼリーの成功率は?危険じゃないの?ピンクゼリーの口コミをご紹介します!

トップへもどる

ピンクゼリーとpinkjellyの違いは?【ピンクゼリー 比較】

 

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

 

 

ピンクゼリーとpinkjellyは共に人気の産み分けゼリーとなっています。

 

 

 

そんな2つの人気の産み分けゼリーを比較してみましょう。

 

 

 

まずは成分を見てみます。

 

 

 

■ 成分比較
  • ピンクゼリー クエン酸ナトリウム
  • pinkjelly 不明

 

 

 

 

女の子の産み分けが可能になる成分はピンクゼリーは
クエン酸ナトリウムが使用されています。

 

 

 

クエン酸ナトリウムは乳製品や清涼飲料水使用されている
食品としても利用する事ができる危険のない安全な成分となります。

 

 

 

対してpinkjellyの産み分け成分は不明となっています。

 

 

公式サイトでも調べてみましたが酸性成分という表記が見つかりましたが
どのような成分が配合されているか記載はありませんでした。

 

 

とはいえpinkjellyは産婦人科でも処方されている産み分けゼリーなので
成分的に危険があるものは使われていないと思います。

 

 

 

 

 

続いて気になるお値段も比較してみます。

 

 

 

■ お値段比較
  • ピンクゼリー 1回1480円(1箱1万4800円)
  • pinkjelly  1回2500円(1箱1万円)

 

 

 

 

お値段では明らかにジュンビーが販売するピンクゼリーの方がお得になっています。

 

 

 

1回あたり1000円以上もお得になるので続ける事を考えた場合
ピンクゼリーの方がチャレンジしやすそうですね。

 

 

 

 

次に使い方の違いも比較してみます。

 

 

 

■ 使い方
  • ピンクゼリー 専用容器を開封すればすぐに使用できる
  • pinkjelly 湯煎で成分を溶かした後専用シリンジ(注射器)で注入

 

 

 

ピンクゼリーは特許を取得した使いきりの容器
開封後すぐに使用する事ができます。

 

 

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

 

 

また1回きりの使用となっているので衛生面でも安心です。

 

 

 

対してpinkjellyは40度から50度のお湯で湯煎して成分を溶かした後、
特性のシリンジで注入するという使い方になっています。

 

 

 

pinkjellyは湯煎で溶かす必要がありますし
シリンジも使用後に熱湯消毒する必要があります。

 

 

 

使いやすさを見てみると明らかにピンクゼリーの方が使いやすそうですね。

 

 

 

続いて成功確率も見てみましょう。

 

 

 

■ 成功確率
  • ピンクゼリー 統計で80%ほど
  • pinkjelly 約74%

 

 

 

 

気になる産み分けの成功確率はピンクゼリーは80%ほど、
pinkjellyは約74%となっています。

 

 

どちらも100%ではないですがかなり高い確率で
女の子の産み分けが可能である事がわかりました。

 

 

 

ピンクゼリーの成功確率については公式サイトでは記載されていないので
お問い合わせをしたところ、ジュンビーの統計で80%だと回答して頂きました。

 

 

 

ピンクゼリーは比較的新しい商品となっているので
pinkjellyよりも少し高い確率になっていますが大きな違いはないと思います。

 

 

 

トップへもどる

ピンクゼリーとpinkjellyの比較まとめ!おすすめなのはどっち?

 

 

 

     

  • ピンクゼリーはクエン酸ナトリウムが配合されている
  • pinkjellyの配合成分は不明
  •  

  • ピンクゼリーは1回1480円
  • pinkjelly1回2500円
  •  

  • ピンクゼリーは開封してすぐに使える
  • pinkjellyは湯煎や消毒が必要
  •  

  • ピンクゼリーの成功確率は80%ほど
  • pinkjellyの成功確率は約74%ほど
  •  

 

 

 

 

ここまで人気の産み分けゼリーを比較してみました。

 

 

 

どちらも成功確率が非常に高く産み分けに最適の商品である事がわかります。

 

 

 

ここからは私の個人的な意見になってしまいますがおすすめなのは

 

 

 

やはりジュンビーのピンクゼリーだと思います。

 

 

 

 

決めての理由はお値段と使いやすさです。

 

 

 

安全性に関してはどちらも産婦人科医監修の元
信頼度が高くなっています。

 

 

ピンクゼリーを比較!pinkjellyとの違いは?おすすめはどっち?

 

 

 

しかし使いやすさやお値段では大きな差がありました。

 

 

 

もちろん好みの問題もあるのでpinkjellyが良いという方もいらっしゃるでしょうが
ジュンビーのピンクゼリーが使いやすいと思いますよ。

 

 

 

ピンクゼリーは公式サイトならお得に購入できるのでぜひ検討してみてくださいね。

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーのメリット・デメリットは何がある?