ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介!

ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介!

 

ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介!

 

 

 

産み分けゼリーとして人気の商品といえば
産婦人科医で処方されるpinkjelly(ピンクゼリー)となっています。

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)は全国の産婦人科医が集まった
SS研究会という販売会社が発売している信頼できる産み分けゼリーとなっています。

 

 

ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介!

 

 

 

そんなpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットとデメリットをご紹介させて頂きます。

 

 

 

\ピンクゼリーのお得な最安値は公式サイトです!/

ピンクゼリーの成功率は?危険じゃないの?ピンクゼリーの口コミをご紹介します!

トップへもどる

pinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットは何があるの?

 

ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介!

 

 

 

産み分けゼリーで検索してみると本当にたくさんの
商品が販売されている事がわかります。

 

 

 

その中でも特に信頼度が高いのがSS研究会
販売しているpinkjelly(ピンクゼリー)です。

 

 

 

SS研究会は全国の産婦人科医が集まって作られた販売会社
産婦人科医でも処方されるpinkjelly(ピンクゼリー)を取り扱っています。

 

 

 

SS研究会のSSは「sex selection」の頭文字をとって名付けられています。

 

 

 

正直ちょっと怪しい感じがしますが産み分けゼリーの
販売会社の中でも一番信頼度が高いといってよいでしょう。

 

 

 

そんなSS研究会が販売するpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリット
どのようなものがあるでしょうか。

 

 

 

私の主観も入ってしまいますがメリットデメリットを解説させて頂きます。

 

 

 

まずはpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットを2つご紹介します。

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)のメリット
  • 信頼できる商品
  • 全国の産婦人科医で処方してもらえる

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)の一番のメリットはやはり
産婦人科医が監修した産み分けゼリーである事です。

 

 

 

 

成分は社外秘となっていますが公式サイトでは女の子の産み分けに
重要な酸性成分である事が触れられています。

 

 

 

 

もちろん医師監修という事で成分的な安全性も大きなメリットだといえるでしょう。

 

 

 

続いて2つ目のメリットが全国の産婦人科医
処方してもらえるという点です。

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)はSS研究会に所属する
全国の産婦人科医で処方してもらう事ができます。

 

 

 

意外とかかりつけの産婦人科との相性ってありますからね。

 

 

 

続いてpinkjelly(ピンクゼリー)のデメリットもご紹介します。

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)のデメリット
  • お値段が少し高い
  • 使用方法が面倒
  • 偽物に注意が必要

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)のデメリットのひとつ目は
やはりお値段が少し高いという点です。

 

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)は1万円程度で購入する事ができますが
4回から5回分の容量となっており1回2500円程度となっています。

 

 

 

このサイトでおすすめさせて頂いている産み分けゼリーは
1本1480円となっているのでやはりお値段はデメリットとなります。

 

 

 

ss研究会のpinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットのご紹介! 【pinkjellyとジュンビーのピンクゼリーを比較してみた】

 

 

 

そしてpinkjelly(ピンクゼリー)のデメリットの2つ目は
使い方がとても面倒である事です。

 

 

 

産み分けゼリーの最近の主流は個包装で開封してすぐに使えるという
商品がほとんどとなっています。

 

 

 

しかしpinkjelly(ピンクゼリー)は湯煎で一度溶かした後
シリンジと呼ばれる注射器で注入してあげる必要があります。

 

 

 

またシリンジは使用後に熱湯消毒して複数回使用するので
消毒の手間もデメリットとなっています。

 

 

 

こういった使い方やデザインにあまりこだわりがないのは
お医者さんが取り扱う商品の特徴かもしれないですね。

 

 

 

 

最後のデメリットはpinkjelly(ピンクゼリー)自体のデメリットではありませんが
アマゾンなどで偽物が良く出回っているようです。

 

 

 

SS研究会が取り扱うリンカルSというカルシウム食品は
偽物が多くてパッケージを変更するといった対応をとっています。

 

 

 

そのためpinkjelly(ピンクゼリー)を検討されている方は
できるだけ公式サイトを利用した方が良いでしょう。

 

 

 

ここまで産み分けゼリーとして人気のSS研究会が販売する
pinkjelly(ピンクゼリー)のメリットデメリットをご紹介しました。

 

 

pinkjelly(ピンクゼリー)はデメリットもありますが
成分的にはとても安心できる商品となっています。

 

 

 

産み分けゼリーを検討されている方は
pinkjelly(ピンクゼリー)もおすすめの産み分けゼリーとなっていますよ。